オールマテリアルコーティングとリニューアルのプロフェッショナルサービス
コーティングで人に優しい住にやさしいを考える
株式会社サービング
 
Coaporate coating service
法人様へのご提案
住宅メーカー様向け
不動産会社様向け(中古物件売買)
賃貸マンションオーナー様向け
分譲マンションデベロッパー様向け
その他商業施設様向け
Personal coating service
個人様へのご提案
新築住宅のご提案
リニューアルのご提案
Company information
会社情報
会社概要
パートナー企業紹介
システムのご紹介
お問合せ
株式会社サービングは福岡ソフトバンクホークスの公式スポンサーです。
コーティングポリシー コーティングの種類と特徴 コーティングの品質と課題 施工技術と施工体制
HOME>賃貸マンションオーナー様向け
賃貸マンションオーナー様向け
賃貸マンションイメージ
 いまでは、賃貸マンションでもフローリングが採用されることが一般的になり、客付けが厳しい物件では、フローリングに張り替えたり、さらにペットOKに切り替えたりするオーナーやこのような対応を勧める管理会社が増えています。

 賃貸物件では、入居者は自分の所有物ではないので、建物や内装の保護や延命はおろか普段のお手入れも十分にされているとは限りません。

 以前は、賃貸物件のフロアーにはCFなど張替えが容易なものを使っていましたが、入居者のニーズが高級化しているために、現在では賃貸物件であってもフローリングを採用することは避けられないでしょう。 そもそもフローリングは頻繁に張り替えることを想定しているものではありませんから、10年程度は張り替えずに維持しようと考えるのが普通です。しかし、経年とともにキズや汚れ、天板の劣化や湿気によるシミなどが目立つようになり、客付けにも影響が出ることさえ懸念されています。

 そこで、新築時や入退去時にフローリングをコーティングするオーナーが増えています。 一戸当たり10万〜15万程度の投資で、フローリングの保護と延命によって張替えコストを抑え、張替えによって使用できないことによる家賃収入のロスもなくします。また、長期間にわたってフロアーの美観を維持しますので、実際に施工したオーナー様や不動産管理会社の方々も、客付け率のアップに期待されています。
 インデX
○新築賃貸マンションの事例1
○新築賃貸マンションの事例2