オールマテリアルコーティングとリニューアルのプロフェッショナルサービス
コーティングで人に優しい住にやさしいを考える
株式会社サービング
 
Coaporate coating service
法人様へのご提案
住宅メーカー様向け
不動産会社様向け(中古物件売買)
賃貸マンションオーナー様向け
分譲マンションデベロッパー様向け
その他商業施設様向け
Personal coating service
個人様へのご提案
新築住宅のご提案
リニューアルのご提案
Company information
会社情報
会社概要
パートナー企業紹介
システムのご紹介
お問合せ
株式会社サービングは福岡ソフトバンクホークスの公式スポンサーです。
コーティングポリシー コーティングの種類と特徴 コーティングの品質と課題 施工技術と施工体制
HOME>住宅メーカー様向け>ペットを飼っている方が抱える問題点に関して
住宅メーカー様向け
前に戻る 次に進む
ペットを飼っている方が抱える問題点に関して
犬のマーキングとヘルニアの悩み
ペットが原因の問題として最も多いのは犬の「マーキング」です。犬は、自分のテリトリーを示すために家の中でもあちこちにおしっこをします。特に引っ越したときには自分のにおいがないので、どうしてもマーキングしてしまうのです。
尿は、体内のフィルターを通して出てくるものなのでクラスター(粒子)が細かく、水道水などに比べると高い浸透力を持っています。これが、フローリングなどに染み込むと臭いやシミ、カビの発生の原因となり、特に継ぎ目に侵入すると表面のウレタン塗装の下層に尿が染み込んでしまい、拭き掃除をしても汚れが落ちない状態になってしまいます。
また、ワックスは滑りやすいために、歩行時に背骨に負担がかかりそれが原因でヘルニアになったり、転倒してけがをするなど、飼い主にとっては不安のもととなっています。
マーキング後写真
猫の嘔吐と爪あとによる悩み
猫は、グルーミングといって自分の体を舐めることによって体を清潔に保ちます。このとき抜けた体毛を飲み込んでしまうために、内臓に毛玉がたまり、時々嘔吐することによって毛玉を体外に出そうとします。嘔吐には胃酸が含まれていますので、フロアーのワックスはもちろんのこと、フロアーの素材そのものを傷めてしまいます。また、通常のワックスは滑りやすいために、猫はフローリングの上では爪を立てます。その結果、フローリングには猫の爪あとが付いてしまいます。
実は、猫は必ず爪を立てるのではなく、滑って怖かったり、危険を感じたときだけ爪を立てます。ですから、フローリングが滑らなければ、爪を立てることもありません
猫の嘔吐と爪あとの写真
ワックスの問題点に関してコーティングで悩み解決・問題点解決弊社からご提案するコーティングについて
施工方法(作業工程)について技術面での重要事項についてアフターフォロー体制についてはじめに
前に戻る 次に進む